山形蔵王坊平高原 野口ペンションへようこそ

野口ペンションは、蔵王の中腹、標高1.000mの高原にあります。
山岳観光道路「蔵王エコーライン」が走り、無雪期には蔵王のお釜まで車で20分で行ける場所にあります。
この一帯は蔵王国定公園になっているため、自然がたくさん残されているのも魅力のひとつです。
山野草を愛でながらバードウォチング、クロカンコースでジョギングやウォーキングを楽しむのも良いでしょう。
最近は、気候性地形療法を用いた「クアオルト健康ウォーキングコース」としても利用されています。
また、星空観察の適地としても人気の場所となっています。
夏はグラウンド、体育館、トレーニングルーム、クロカンコース等があるため、アスリートにも大変人気があります。
冬は、ライザスキー場の上は樹氷原!スノーシューなどでメルヘンの世界を楽しむことができます。
お天気の良い日には、スノーシューや、山スキー、テレマークスキーなどで雪に覆われた冬のお釜見物に行かれる方も多くなりました。

山やスキー、花や鳥など、自然が大好きな私たち夫婦が営んでいるペンションです。

お知らせ

新緑が眩い季節になりました。
エゾハルゼミの合唱も賑やかです。
園地のレンゲツツジも蕾を膨らませています。
 

2015.6.16蔵王山の噴火警報が解除され、噴火予報は〝平常〟(活火山である事に留意)に引き下げられました。
火山情報については、蔵王山に関する情報   仙台管区気象台 等をご覧下さい。
蔵王刈田岳お釜カメラ (気象庁のHP。観測点で「蔵王山 刈田岳」を選択して下さい)

 

AED設置場所
ライザレストラン、たいらぐら、
ペンション村は、原ペンション(2016年4月より2年間の予定)です。

 

坊平高原 空撮(ドローン映像)

 

soratabi-wp-may soratabi-wp
新緑のペンション村 秋の坊平高原 秋のペンション村

蔵王坊平高原の春

 
白い季節が去り、暖かい太陽がふりそそぐようになりました。春もそこまで来ています

 

4月末、冬期通行止めだった山岳観光道路「蔵王エコーライン」が開通すると蔵王にも やっと春が来ます。北国に住んでいると春の息吹はことさら嬉しく心踊るものがあります。         
エコーラインが開通すると、お釜見物が容易になります。お釜には、坊平から車で20分程で行けます。
山形県側からバスで行く場合、
上山からは無料シャトルバスで終点の刈田駐車場まで行き、山頂リフトに乗ればお釜の展望台近くまで行く事ができます。
山形からは蔵王山頂(刈田岳)行きのバス(有料)に乗れば、終点から歩いて2~3分でお釜を見る事ができます。
 
 
5月 山桜が咲き始めました 爽やかな園地 ゲレンデも中丸山も新緑が眩い

 

6月 レンゲツツジ満開 坊平の湿地に咲くアヤメ 御田の神湿原

蔵王坊平高原の夏

仙人沢に架かる吊り橋 綿雲湧く中丸山からの熊野岳 蔵王の最高峰熊野岳 1841m

 

火口湖お釜 刈田岳より 7月 蔵王の稜線に咲くコマクサ 坊平高原 クロカンコース

 

体育館とトレーニング室 坊平グリーングラウンド 坊平キャンプ場

 

 
 
 

〒999-3113
山形県上山市蔵王坊平高原
野口ペンション
Tel  023-679-2773
Fax 023-679-2763

■携帯用アクセスマップ